月亭太遊「ネオラクゴ・クロニクル」

neorakugo.exblog.jp ブログトップ

天才オーガナイザー後藤田征一郎「ビリートップのススメ」

こんばんは、最後の興行師、天才キュレーターこと、後藤田征一郎です

超絶オススメの会イベント「ビリートップ」のご提案です!
前売りがお得です!
ビリートップ!
まだ今なら前売り料金でいけます!

8月16日(木)
「ビリートップvol.15」
開演:19時
開演:19時半
前売1500円
当日2000円
出演:桂小留 桂三実 桂文五郎 笑福亭智丸 月亭遊真 月亭太遊
ご予約は出演者にご連絡いただくか太遊TwitterDM→

上方落語の次代を担うメンバーが集結したライブ、ビリートップ!

落語をみるときに、僕はですけど、
何見るかって人間です。まずは。声とか顔とか。

今の世間の流行りとか売り込み方では、筋(ストーリー)から入ってきがちだけど。
ストーリーにばっかり感心をもってしまうと
何度か寄席に通ううちに同じネタばかりだなとなってくる。
当たり前です。同じネタを共有してるんですから。
そこで贔屓の芸人を見つけておくのは必至になってくる。
僕はこの中(ビリートップ)から見つけてほしい!と思っています。


ビリートップメンバー登場以前はこの動画のように
低レベルなノリが横行していました・・・

落語ってどうやってみたらいいのですかと聞かれたら
好きな人みつけてみにいけばいいと僕は自信をもってこたえます。
こんなんも聴かなきゃいけないんじゃないかとか、
こういう一門の会にもいかないと・・・とか
そんなんどうでもよくて、なんか気になる人を見に行けばいいと
声を大にしていいたい。

顔が好きとか、声が好きとか、女役したときが艶めかしくて好きとか、
子供役がかわいいとか、発想が自分の好みだとか、なんかええやつそうとか、
それでいいです。

落語全体を請け負う感じになる必要はまったくない。
興味ないもんとか苦手なもんとか
こんなんもきいとかなあかんかなとか、こういう一門のもみとかなあかんかな
とかそうこうしてるうちに 飽きたり、めんどくさくなったり。
好きなもん好きなように追求して、飽きるのくらい自分のタイミングでいいでしょ。
落語見に行くよりナショナルジオグラフィック見てるほうがええわーい」とかで。


自分の贔屓の若手上方落語家を見つけたかったらビリートップです。
五人の上方落語家は全員タイプが違います。
まずはこの中で贔屓をみつけて、落語を見に行ってみてください!
僕は本当にファン目線で考えて、ネタもキャラも良いと思う五人に声をかけたんです。

d0367183_11134453.jpg
ファッションの好みも様々…
ちなみに遊真は黒のVネックしか着ない…。


明日ですよ。予約が絶対お得です。
僕はキュレーターみたいなもんですから、フラットにこの会に臨みたかったら
僕に予約するのが吉。
ツイッターDMか✉neorakugo_contact@yahoo.co.jp
お待ちしています(正座して)



(イベンターiyu)


[PR]
by neorakugo | 2018-08-15 17:04 | オーサカ

西の新作落語家・月亭太遊(つきていたいゆう)のブログ。ネオラクゴと銘打った自作のネタを武器に闘い続ける。そんな男の日々を綴っています。中二病的なカタカナ語がよく出てきますが、それは、もう、慣れてください。


by 月亭太遊
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite